期間工の勤務形態!4勤2休について

期間工

皆さん日々の業務お疲れ様です!じぇいです!

今回は自分が初めて期間工になった時の勤務形態について書いていきたいと思います!

期間工の勤務形態といえば5日働いて2日休み、昼勤と夜勤を1週間事に繰り返す2交代制勤務が多いと思いますが

当時の勤務形態は

・8:00〜20:00 ・20:00〜8:00

上記を4勤2休の3班で回す勤務形態でした!

自分自身初の期間工、初の工場勤務という事でこれが普通なのか…ぐらいにしか思ってませんでしたが笑

今思えばちょっとだけ珍しいのかなぁと思いまして、当時を振り返りつつ書いていきますね!

4勤2休3班交代制について

そもそもこれがどういうのものかというと

1班、2班、3班の3つのグループに別れ、下記の図のように

このような感じで回していきます

仮に自分が1班だとすると

・月曜日から木曜日までの4日間は昼勤の8:00〜20:00

・金曜日と土曜日の2日は休み

・日曜日の夜からの水曜日の4日間は20:00〜8:00まで

という勤務形態となります。

要するに同じ日に昼勤の班、夜勤の班、休みの班の3パターンが存在する事になります

曜日感覚が完全におかしくなりますね笑

図の方は分かりやすく月曜日の昼勤からのスタートにしてますが、入社や受け入れのタイミング等で大体ごちゃごちゃしており

自分の場合は

・昼勤で1日別の班で研修→1日休み→昼勤初日に配属の班に合流

という流れでした!

また勤務表は上長から貰えたので、入りたての頃は定期的に確認してました笑

メリット

続いてこの勤務形態で実際に働いてみて感じたメリットについて!

1つ目は

平日休みがある!

ですね!

期間工で1番多いと言われる2交代制勤務では

平日働いて土日休みになるので、役所や銀行などの平日でしかやれない手続き関係がどうしてもできなくなります

もちろん夜勤週の昼に行く事もできますが、疲れで動けなかったり、面倒くさがったりなど…笑

ただでさえ疲れる夜勤週はなるべく睡眠や回復に当てたいですよね

それに比べ4勤2休3班交代制は平日休みが多く、土日休みが減る為

役所や銀行関係を平日に済ませる事ができます!

また土日に比べてお店や電車も人が少なく、買い物やお出かけするにはとても助かります!

土日だと混みすぎて行く気がしない…ってところにも気軽に行けちゃいますね!

続いて2つ目は

4日だけだから楽

ですね!

2交代制勤務の場合、基本的には平日の5日勤務ですが、

昼勤で土曜日も出勤がある場合は週6日勤務になるのでめっちゃ疲れるし長いですよね笑

気持ち的にも体力的にもしんどくなりその結果ミスしたり、怪我に繋がったりします…

それに比べ4勤2休3班交代制は名前の通り4日出勤して2日休みを繰り返して行くんですが

基本的に休日出勤が無いため最大でも4連勤がMAXです

週のスタートからあと4日!!ってなるのとまだ6日もある…では気持ち的にも体力的にも全然違いますよね!

同じ作業を長時間繰り返す期間工の作業ではメンタル面はかなり大事になります

休みがすぐに来る!ってだけでもモチベーション維持に繋がりますよね!

では続いて3つ目は

休日出勤手当が美味しい

ですね!

上記の図で説明したように土日、祝日関係無く出勤になるんですが

例えば

・月火水木

・木金土日

のそれぞれ4勤あるとして

前者と比べて後者の場合土日は休日出勤扱いになる為、休日出勤手当が付きます!

月火水木の4勤よりもプラスで手当が出る分給料が増えるので結構美味しいです笑

実際に過去の勤務表を見てみると

・多い月は8回

逆に

・少ない月は4回

(長期休暇の月は除きます)

ほど休日出勤がありました

シフト表見てこの月は休日出勤多いぞ!とか全然ないじゃん…

ってやりとりをよくしてましたね笑

平日に有給を使って土日に出勤する方もよく見かけました

デメリット

もちろん良い事だけではありませんね笑

続いてデメリットです!

1つ目は

1日の勤務時間が長い

です!

あくまで自分が働いてたメーカー、部署の事なので全部が全部という訳ではありませんが

基本的に4勤2休3班交代制の場合は1日の勤務が長くなります

実際に自分が経験した勤務時間は

・昼勤8:00〜20:00の12時間 

・夜勤20:00〜8:00の12時間

が基本的な形でした!

(昼休憩は1時間でラウンド事に約10分ほどの休憩があります)

この12時間の中でチーム事に定時の時間と残業の時間のバランスを取っていて

例 

4月の定時 8:00(20:00)〜19:00(7:00) 残業1時間

5月の定時 8:00(20:00)〜17:00(5:00)  残業3時間

このように同じ12時間でも残業が多い月と少ない月が出てくる感じになります!

まぁ要するに12時間拘束は変わらないですね笑

このメーカーで働いた時は定時で上がった記憶はありません…

また、昼勤はなんとかなるんですが夜勤でも同じ12時間拘束になるので

ありえないくらい眠くなります笑

休憩中に仮眠を取ったり、エナジードリンクやコーヒーを飲んでも変わらず

なんとかボロボロになりながら仕事を終え

そしてフラフラになりながら帰宅し、倒れるように眠りについていました笑

また自分の場合、寮が通勤で1時間かかるところだったので

さらに時間がかかってましたね…笑

続いて2つ目は

勤務時間が長すぎてみんなピリピリ…

です!

あくまで自分がいたところの話で

さらに昔の事なんで参考程度に見てほしいんですが…笑

週の初めはみんな余裕があるのでまだいいんですが、後半になって疲れが溜まってくると話すのすら億劫になってきます…

ましてや長い時間キツイ作業を延々と繰り返しているとストレスが溜まりますよね

それは社員さんも同じなわけです

普段は優しい社員さんも12時間拘束プラス他からの煽りなどがあったりでイライラしてると

普通にキレられたりとか、すぐに対応してもらえずラインが止まり生産遅れに繋がるなど

めちゃくちゃになります笑

また長時間作業していると対応仕切れない異常や不明点を何回も聞きにいかなくてはならない為

その度に冷たい態度を取られると

かなりメンタルにきます笑

これに関しては仕方ない部分はありますが…

当時はかなり悩んでいました笑

自分の中ではトップクラスにキツかったです

続いて2つ目は

曜日によって色々変わる為いちいち確認しないといけない

です!

説明下手ですいません笑

これもあくまで自分の話なんですが

まずは電車の時間です

自分は徒歩プラス電車で通勤していたんですが

例えば日曜日の夜から夜勤になると、当然ダイヤが昼と変わります

当時の最寄り駅が若干田舎で、うっかり昼の時間のダイヤに乗ろうとすると

2〜30分ほど待つ事になります

ただでさえ勤務時間が長い上に余計な待ち時間があると嫌ですよね

なのであらかじめ勤務表を頭に入れておかないと、起きて準備する時間が4連勤の中で変わったりするので

普通に平日の頭でいると割と間違えます徐々に慣れて来ますが結構面倒でしたね笑

では次いきます!

これも似た感じですが

工場の食堂です!

自分がいた所ではなぜか

土日の夜は食堂やってません!とか

この日の昼はやってるけど夜やってません!とか

結構変則的でして笑

やってると思ったらやってなくて、

食べるものが無く200円もするカップ麺の自販機で買って食べたりとか

逆にやってないと思ったらやってたりとかで

途中から面倒くさくなり食堂を使わなくなりました笑

そうなると途中で買ったりしないといけなかったので、

荷物は増えるはゴミは出るは余計な出費は出るはで

結構面倒臭かったです笑

個人的には出勤ある時工場の食堂くらいやっててよ!と思います…

以上が自分が感じたデメリットになります!

まとめ

いかがでしたでしょうか!

色々書きましたがまとめると

メリット

平日休みがあって用事を済ませやすい

最大でも4連勤で気持ち的に楽

休出手当が加算され給料アップ

デメリット

1日の拘束時間が長い

雰囲気が悪くなりがち

平日と土日の違い(公共交通機関や食堂など)

ざっくりこんな感じになります!

自分が実際に働いた感想としては

勤務時間が長すぎて慣れない、プラス寮からもめっちゃ遠かったので

ぶっちゃけあんまり好きではなかったです!!

実際初めての期間工という事もあり

メンタルに的にやられ長くは続きませんでした…

それでも!!

残業がエグい月は結構稼げます!

人によってはこれが1番のメリットかと思います!

自分はデメリットの方に書きましたが、

勤務時間が長い分残業代も増えますし、また夜勤の日数が多い月は夜勤手当も加わるのでより給料が増えます

実際に自分の同期も同じ4勤2休3班交代制でキツイといいながらも

なんだかんだ2年ぐらい働いてガッツリ貯金していたので

結局続けれるかどうかは部署、工程次第になるとしか言えませんね

やはり期間工は運要素が強めですね〜

はいっ

という訳で今回は初の期間工の勤務形態について書いていきました!

最後まで見て頂き誠にありがとうございます!

ではまた次回のブログでお会いしましょー!

人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました